Business & InvestmentEducationEntertainmentGamesHealthLifestyleMotivationScience & TechnologySports

20 years ago, Square and Enix teamed up to create a powerful RPG

The merger of Square and Enix will celebrate its 20th anniversary on April 1, 2023.

Twenty years ago, the merger of Square and Enix created the Japanese game Goliath amidst a gaming boom.

However, many things were going on behind the scenes that overseas observers were unaware of.

The announcement was made in late 2002. Two giant Japanese game publishers, Square (known in the West as SquareSoft) and Enix, will be merged into one company as of April 1, 2003. Japan’s second-largest RPG franchise, Dragon Quest and Final Fantasy, were about to join forces. I was living in Japan at the time, so to say it was a big deal would be an understatement.The Japanese console game market was at its peak, and optimism about the future of the industry was very high. The idea of ​​these two former rivals joining forces at the forefront of their industry to create a new media experience was exciting to say the least.

Square was first and foremost a game development and publishing company, while Enix was a more multifaceted company, publishing not only software but also books and comics. Square did much of its game development in-house, while Enix subcontracted most of its software output with many other developers. It retreated at the end and then worked to re-establish itself overseas during the PlayStation’s wild success. Square was doing very well in the West through its publishing partnership with Electronic Arts, but Enix was still struggling.

But the two main markets at the time were Japan. Enix rode the phenomenal sales of his 2000s Dragon Quest VII to great success. This was still for sale years later. Square was preparing Final Fantasy X-2. Relationships with first-party companies also made news. Enix and Nintendo have always been on friendly terms, but Square had just begun his post-PlayStation exclusive “reconciliation” with Mario’s house, starting with a few games published on the Game Boy Advance. .

一方、プレイステーション 2 は、GBA (ゲームキューブ、それほどではありません) と同様に、ギャングバスターを販売していました。 主要なゲーム リリースは、日本だけで 100 万本を超える売り上げが頻繁にありました。これは、最近の任天堂以外のタイトルでは珍しいことです。スクウェアとエニックスの安定した大規模なフランチャイズは、これらの大規模なメガヒットの 1 つです。 ニンテンドーDSはまだ先のことであり、携帯電話ゲームはまだ初期段階にありました。 当時の日本の携帯電話はどれだけ派手でパワフルだったにも関わらず、ほとんどのモバイル ゲームは依然として非常に基本的な Java ゲームであり、数字パッド コントロールが不安定で、携帯電話のモデルとキャリアに基づいて利用が制限されていました。

しかし、誰もが知っているように、ゲーム業界の状況は劇的に変化し、10 年代の終わりまでに、ポータブル システムとより高度な電話アプリが支配的になり始めたため、日本のコンソール ゲームは急激に衰退しました。 合併したスクウェア・エニックスは、かなり早い段階でモバイル市場に参入することを躊躇しませんでした。この決定は非常にうまくいき、スクウェア・エニックス自体を含む多くの日本の開発者やパブリッシャーが見た HD ゲームへの大まかな移行を乗り切るのに役立ちました。 、追いつくのに苦労しています。

しかし、疑問はまだ残っています。なぜ、その正確な時点で両社が合併を選択したのでしょうか? おそらくそれは、当時の日本の業界にとって物事がバラ色にしか見えなかったためであり、業界内の他の大きな合併についての噂が渦巻いていました. (具体的には、ナムコとセガの合併が噂されていましたが、それは実現しませんでした。また、それが実際に検討されていたかどうかについては疑わしい.販売の成功に加えて、両社も問題に直面していました。

その時点で、Digicube と呼ばれる子会社であるメディア パブリッシング部門での Square の試みは、惨めに失敗していました。 Digicube は、Square のタイトルに関連する書籍やサウンドトラック CD を発行していましたが、その主な目的は、コンビニエンス ストアで購入できるゲームの箱入りコピーを提供する配信サービスでした。 日本のコンビニエンス ストアは非常に普及しており、地域社会のニーズに合わせた驚くほど多様な商品を提供しており、商品の販売データを追跡するための堅牢な POS システムを備えているため、Square はこれがゲームを販売するための優れた新しいアウトレットになると考えました。 すぐ近くにあるコンビニで新しいゲームを手に入れることができるのに、わざわざ家電量販店に行く必要はありません。 さらに、通常の流通とは異なり、店舗は売れ残り在庫を返品する可能性がありますが、Square は、オペレーションから収集したデータがヒットを予測し、これを防ぐのに役立つと信じていました。

残念ながら、それは起こりませんでした。 Digicube は 1998 年にコンビニエンス ストアでの販売を推進し始め、その後まもなく、Square は現在自社のタイトルとサード パーティの製品の両方をコンビニエンス ストアに販売していますが、不幸な発見をしました。 コンビニエンス ストアの POS システムは、持ち帰り用のランチや酒の需要を追跡するのに効果的でしたが、ゲームの売れ行きを予測するのにはあまり効果がありませんでした。 Itoon は、売れ残りの製品の返品が殺到していることに気付きました。 また、当時、Square と Nintendo のビジネス関係は不安定だったため、Nintendo プラットフォーム向けのゲームを販売できず、ゲームが MSRP を下回る価格で販売されることはありませんでした。 マルチメディア キオスクを介した音楽録音の販売など、同様のビジネス ベンチャーも壊滅的でした。 莫大な負債を抱えたデジキューブは、2003 年 11 月に正式に消滅することになりました。

(Partnership with Digicube was added value for customers, partly due to the inclusion of unique bonus items. I only made one game purchase on Digicube while living there. It was a copy of Devil May Cry 2 for a friend in Singapore.Using a specially printed large construction paper you can cut out and make a papercraft model of Dante.This activity is playing Devil May Cry 2 It’s more fun than doing.)

On the other hand, Enix has a strong background in traditional media publishing, and in recent years has successfully published numerous manga series through anthologies under the Comic Gangan banner. Due to internal clashes between factions of the company, many of the staff resigned and set up independent publishers. Several popular manga series at the time, such as Saiyuki, Aqua, and Mamotsu Shugogeten, went to new publishers with their creators. I was just getting started. Fullmetal Alchemist, better known outside of Japan as Fullmetal Alchemist.

One of the often-cited myths needs to be addressed.Many believe Final Fantasy’s failure was the cause of the merger, but some sauce If The Spirits Within hadn’t crashed and burned spectacularly, the merger would have happened much sooner. It wasn’t a consideration.

Could these issues have been the driving force behind the merger? They were almost certainly part of the considerations and negotiations, but I can’t definitively say they were the reason. We probably never know exactly why they decided to merge at that point, we can only speculate. Would they have survived the move to HD? Could someone else have taken over Eidos and handled its peculiarities better? Or have one or both been devoured by larger conglomerates in the current merger and acquisition turmoil? We don’t know, but one thing is certain , the merger remains one of the defining events in the history of Japanese gaming.

The products featured here have been independently selected by the editors. GameSpot may receive a portion of the proceeds from purchases featured on our site.

https://www.gamespot.com/articles/20-years-ago-square-and-enix-teamed-up-to-create-an-rpg-powerhouse/1100-6512882/?ftag=CAD-01-10abi2f 20 years ago, Square and Enix teamed up to create a powerful RPG

Back to top button